新語・流行語大賞トップテンに「eスポーツ」アジア大会で公開競技 国内リーグも多数(AbemaTIMES)

プチセレFXオートボット・セカンドシーズンの効果が気になる!体験ブログの口コミ

株式会社アイデントテクノロジーさんが出してるプチセレFXオートボット・セカンドシーズンが注目されてて
私も気になってます。(^^)ゞ

ただ、ちょっと口コミとかが
ヤラセっぽく感じるくらい大げさなような・・・

出典元:「eスポーツ」がトップテン入り

「2018年ユーキャン新語・流行語大賞」の表彰式が12月3日、都内で行われ、対戦型ゲームをスポーツ競技としてとらえた名称「eスポーツ」がトップテン入りを果たした。

 eスポーツは海外では大きな会場での大会が多数開催され、多額の賞金を獲得するプロ選手が活躍している。今夏に行われたアジア競技大会(ジャカルタ)の公開競技として行われ、日本人選手が金メダルを獲得したことでも話題となった。選考理由の中には「親は『ゲームばっかりしてないで、勉強しなさい』というところだが、今年からは様子が違う」とし、子どもから大人までがプレーできるeスポーツに対して、国際オリンピック委員会が採用を検討しているという点も挙げた。

 受賞者として登壇した一般社団法人日本eスポーツ連合の岡村秀樹会長は「このような素晴らしい賞、トップテンに選んでいただき、本当に光栄だなと思っております。『eスポーツ』という言葉は、世界的に一般化している言葉です。日本ではなかなかつい先ごろまでは、ほとんどの方がご存知なかったんじゃないかと思います」と感謝の言葉を述べると「調査によりますと、今年の8月には日本のみなさま方に、だいたい45%ぐらいまで認知度が高まった。去年は12%ほどでした。素晴らしくeスポーツということが、みなさま方に浸透できたのかなと思います。単なる一過性、流行語ではなく、一般呼称として定着できればと思います」と、文化としての定着を目指すとコメントした。

 また、アジア競技大会でサッカーゲーム「ウイニングイレブン2018」をプレーし金メダルを獲得した相原翼も登壇。「先日行われたアジア競技大会で、杉村選手とともに金メダルを獲得することができました。eスポーツという言葉は、今年より多くのみなさんに知ってもらえることができて、本当にうれしく思っています。来年からはeスポーツの魅力やおもしろさを伝えられるように、しっかりとプロとして活動していきたいと思います」と、さらなる活躍を誓っていた。

 国内のeスポーツはスポーツ、格闘、カードなど各ジャンルのゲームでリーグが誕生しており、ゲーム関連会社だけでなくテレビ局、食料品メーカー、通信会社などがスポンサーとしてチームを持つケースも増えてきた。また芸能事務所なども参入し、改めて「eスポーツ元年」という印象を強くしている。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です