「刃物のようなものを所持した中学生風の男が…」 23時に鳴り響いた防災無線、和光市緊迫の一夜(J-CASTニュース)

睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアルが【あの掲示板】で話題に!評判や口コミは真実なの?

長澤 昌樹さんが販売している睡眠時無呼吸症候群を解消するためのエクササイズ&習慣マニュアルが
あの掲示板とかの板で騒がれてるみたいだよ

それだけ注目されてるというのは事実だよね

出典元:和光市の防災無線の内容は、市の公式サイト、ツイッター、防災・防犯情報メール(登録が必要)で確認できる(和光市公式サイトより)

2018年10月18日、埼玉県和光市内のマンションで老夫婦が殺傷された事件で、行方不明になっていた中学生の孫の身柄が19日10時ごろに川越市で確保された。

 和光市や朝霞市内では18日深夜から19日午前にかけて、「刃物のようなものを所持した中学生風の男」に注意を促す防災無線が流れ、緊迫した空気が漂った。市内在住で防災無線を聞いていた記者は19日、和光市役所を取材した。

■和光市・朝霞市で深夜に「防災無線」

 埼玉県和光市の公式サイトによれば、最初の防災無線が流れたのは23時ごろ。記者は和光市内の自宅にいたが、「外が騒がしいな」「何かの演説かな」くらいにしか思わず、しばらく聞き流していた。しかし音声はやけに長く、気になって玄関を開けてみると、「これで防災無線を終了します」との音声が流れ、放送は終了した。

 慌てて「和光市」でツイッターを検索すると、最初に朝霞市のツイッターアカウントが目に留まった。

  「本日、和光市本町地内で刃物のようなものを所持した、身長165センチ程、黒髪短髪、中学生風の男が徘徊しているとの情報提供がありました。戸締りを確認し、不審者を見かけたら朝霞警察署へ連絡してください」(18日23時ごろ、朝霞市の防災無線)

 和光市の公式サイトを確認すると、和光市で流れていたのとほぼ同じ内容のようだ。近隣住民が刃物を持った「中学生っぽい男」を見たということか…? 事件自体はまだ大きく報じられておらず、この時点では詳しい状況はわからなかったが、とりあえず緊急事態であることは理解できた。和光市より数分情報が速かった朝霞市のツイッターをフォローし、すぐに戸締りを確認した。事のてん末が明らかになったのは翌朝だった。

  「昨日、午後7時30分頃、和光市本町地内で男性の遺体と負傷した女性が発見されました。現場から刃物のようなものを所持した165センチ程、黒髪、中学生風の男性が逃走していると思われます」(19日7時50分ごろ、朝霞市の防災無線)

 2度目の防災無線も聞き逃してしまった記者だが、朝霞市のツイッターで状況をすぐに確認できた。ツイートの内容だけでは無差別殺人の可能性も考えられたが、このころには事件の詳細はすでに各メディアが報じており、親族内での殺人であることを把握した。

いかにも
【誰でもできる】【簡単に】【誰でも効果がでる】
みたいに宣伝してるのは
逆に怪しすぎる印象をもってしまうよね

誇大な表現って警戒する人もいるよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

ぶっちゃけ、何だか怪しいなあ。
全額返金保証はついてるのかな?

やらないよりはやった方がいいのは分かるけど、
ちょっと不安~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です